インスタグラムのストーリーに位置情報をつける方法は? | インスタグラムのストーリー機能のすべてを紹介

menu

インスタグラムのストーリーに位置情報をつける方法は?

HOME » ストーリー機能 » インスタグラムのストーリーに位置情報をつける方法は?

友達とランチに行った時にインスタ映えする写真をInstagramに投稿すると、それを見た友達が、美味しそう。
というような反応をしてくれたり、テーマパークや公園などで遊んでいる時、インスタに投稿したり、リアルタイムのおしゃれな写真を投稿するSNS、それがインスタグラムです。
投稿した際に位置情報が載っていると今度ココに行ってみようというように参考になります。

Instagramを見ていると、〇〇に居ますというように場所が入っている人と入っていない人がいるけど、なぜ入っている人といない人がいるのでしょう。
Instagramの写真を投稿する際に位置情報をオンにしていると、Instagramに位置情報が表示されます。
やり方は非常に簡単です。
Instagramの位置情報サービスをオンにするだけです。

またインスタグラムにはフォトマップというオリジナルの地図があります。
これは例えばランチをしたカフェや旅行に行った写真や動画をInstagramにアップすると、フォトマップに投稿される仕組みです。
しかしこの機能注意が必要です。
アップした場所つまり自宅でアップしたとします。
すると自宅の場所までフォトマップに表示されてしまうのです。
フォトマップ機能をオンオフできますので、プライバシーには十分注意して使ってみると良いでしょう。

またすでに位置情報が登録されてしまっている写真や動画を後で位置情報のみ削除することもできますので、安心してください。
Instagramで自分の訪れたおすすめの場所を友達にシェアできるとても便利な位置情報機能です。